韓国をホワイト国から余外

正直今回の日本政府の決定は良くやったと言いたい。

今までの歴代の政府がやれなかった事をやっとやってくれたと言う思いがする。

 

勿論まだアメリカの意向とやらも全くなくなったわけではないだろうから

楽観視は出来ないが、少なくとも韓国の嫌がらせにも似た

国際条約を無視し勝手に破棄するような国には遠慮することはない。

供に同じ土俵についてこその対話だろう。

そんな常識すら持ち合わせない国に

これまで遠慮し続けてきた日本政府の態度にこそ問題があったと言うべきだろう。

 

国際ルールにのっとり物事を進める。

これが出来なければ世界の約束事など通用しなくなる。

それを一方的に破っているのが韓国と言う国だ。

しかも都合が悪くなくと反日感情を国民に煽り、政権の維持を保ってきた。

韓国独自の歪んだ施政が今回も表に出ている。

もういい加減にして欲しいと言いたい所だ。

 

日本もそろそろ目を覚まして正々堂々と言うべき事は良い、やるべき事はやる。

そうしなければあの手合いの国はいつでも傘にかかって言いたい放題をやる国だ。

 

少なくとも今回の処置は賢明だったと思う。

それに韓国企業に影響が出たとしても日本は何も困る事はない。

世界2位のシェアーを占める半導体メーカーが力を失えば

それに変わる対抗馬がその地位を奪いに来るに過ぎない。

それで日本の需要がなくなる事はない。

まして日本が韓国からの輸入が途絶えて困るような品物は何もない。

 

今韓国では気がふれたみたいになって、やれ日本製品の不買運動だ、

日本に制裁だと騒いでいるようだが、

具体的に日本にダメージを与えられるようなものは何もない。

馬鹿騒ぎは勝手にやらせておけば良い。

 

これからも安部首相には頑張ってもらいたいと思う。

 

向き不向き

東京にいる我が友は色々やっていたようだが、

結局は WordPress を諦めたようだ。

何故なら厄介だからと言う。

要するに自分の思うものが作れなかったと言うことだ。

しかも途中からその自分のサイトに入ることも出来なくなったとか。

 

私に言わせれば「なんじゃそれは」

と言う事になるのだが、まぁ、そんな事もあるのかも知れん。

 

人には向き不向きと言うものがある。

彼にはそれが向かなかった。それだけの事だろう。

 

私もそれに対してあれやこれやと言う気はない。

向かないと言うのなら向く方法を探せば良いだけの話だ。

彼はホームページ・ビルダーのソフトを買って

自分でホームページを作ると言っていた。

それもまた良しだろう。

 

私も昔は自分でHTMLのタグを組んで

自分で自分のホームページを作っていた。

しかし今は便利な物が増えたので

もう自分でホームページを作ることは止めた。

 

いや、それは正確ではない。

一部は今でもまだ作っている。

しかしそれは入り口のページのみで

中味に関しては全て WordPress を使っている。

その方が手間がかからなくて便利だからだ。

それは私には向いていたと言う事だろう。

 

まぁ、人それぞれと言う事か。

新しい事への挑戦

ここ2-3日、頻繁に日本に電話し、

メールの交換もやっている。

 

それと言うのも私の親友が

日本でレンタルサーバーを借りて

WordPress をやり始めたらしい。

自分で配信したい事が出来たとかで。

 

ただお仕着せのブログやホームページでは嫌とかで、

自分独自のドメインも取ったらしい。

サーバーそのものは2週間のお試し期間でやっているらしい。

それでそこが気に入れば本契約する気なんだろう。

 

ただそこで WordPress と言うプログラムで

自分だけのブログを作ろうとしているらしいんだが

マニュアルを読んでもよくわからんと私に色々聞いて来た。

 

幸い私は三つ自分の WordPress を持ってるので

一応の事はわかる。

 

それでメールで質問を聞いて、

メールで返事したり、わかり難い所は

直に電話して話したりして

解決の援助をしていると言うところだ。

 

ただ直に相手の WordPress を見ている訳ではないので

時々お互いにトンチンカンな受け応えになってる時もあった。

 

昨日も文章の入力で文字の大きさを変える見出しや、

ビジュアル操作と、テキスト操作があるだろうと言ったのに

向こうはそんものはないと言う。

それはおかしいだろう。同じ WordPress を使っていて。

 

それで向こうの入力場面の画像を送ってもらったら

私のとは同じでない事がわかった。

なんで???だ。

 

私はそれは欠陥品か、インストールの時に

何か起こったんじゃないのかと言った。

 

その後色々調べてみて、入力方法のプラグインが

違っていると言う事がわかった。

 

私のは Classic Editor と言うのを使っていたのだが

彼のは違った。それであるべき所に、

あるべき物がないと言う事がわかった。

 

ともかくそんなこんなで

向こうは壁にぶち当たりながら

なんとかしようと頑張ってるようだ。

 

良い事だ。我々の歳になってまだ

最新のネット関連に挑戦すると言う事は。

ボケ防止にもなるだろう。

メモリーの追加

この前買ったLaptop のメモリーは8GBだったので

更に8GB加える為にAmazonで注文しました。

先日それが届いたので Laptopの裏蓋を剥がしてそメモリーを追加しました。

私がそれをやってる時にワイフが来て、

買ったばかりのLaoptopをもう壊してるのと言われてしまいました。

まぁ、普通Laptopを分解する人間はそんなに多くないので。

でもまぁ、それを入れて立ち上げると

ちゃんと16GBになってましたので

これでまた私のLaptopは速くなるでしょう。

新しいラップトップ

先日私はonlineで注文していた Laptop Computer を受け取りました。

以前に日本で買った、ソニーのVAIOは完全に潰れてしまったようで、

日本のコンピューターの修理屋さんに持って行ったのですが、

修理不可能と言われてしまいました。

他に小さなタブレットも持ってる事は持ってるのですが、

これも古くて遅いので交換の時期としては丁度良いでしょう。

 

その時は各ストアは July 4th(Independence Day) のセールをやってましたので。

今回選んだのは 2-in-1 と言う Dell の Laptop でした。

「Dell Inspiron 14 5000 Series 2-in-1 Touchscreen Laptop – AMD Ryzen 7」

プロセッサーは Intel ではなく AMD の Ryzen 7 を選びました。

ただ メモリーRAM が 8GB と少し少ないのですが、

これは後からでも追加できるでしょう。

何が気に入ったかと言うと、

これだけがこの値段のレンジの中で普通の SSD ではなく、

M.2 の SSD 使っているからです。

 

これでどの位速いのかは実際に使って見て結構いい線行ってました。

これなら問題ありません。

 

そして追加注文として 8GB のメモリーを注文して

昨日ラップトップの裏ブタを剥がして装着しました。

これでメモリーは 16GB になった訳です。

 

これで今私の手持ちのラップトップとしては

一応最強と言う事になりました。

 

ここで一つ面白いのは、

ノートパソコンと言うのは

恐らく日本だけの一般的な呼び方ではないだろうかと言う事です。

 

こちらでもまったくないとは言いませんが

普通はLaptopです。

逆にNote Personal Computer と言えば通じないかも知れない。

まぁ、コンピューターだとはわかるでしょうが。

 

フルネームの

Noteboook Personal Computer と言ってやっとわかると言う所ですかね。

しかしこの名称で検索をかける者は

こちらでは誰もいないでしょう。

みんな Laptop です。

まぁ、そう言う認識の違いもあるんだなと思った次第です。

近状05 Destiny

今日、以前に一緒に働いていて、リタイアした人の悲報が届いたのでみんなでお悔やみのカードを書いてました。

この歳になって来ると嬉しい知らせよりも悲しい知らせの方が多くなってしまいます。

彼の死因は白血病だったとか。恐らく色々な病気の併発なんでしょう。

人間は誰が何処でどうなるかなんてわかりません。あんなに元気だった人がと言うのもあるでしょうし、私より若かったのにと言うのもあるでしょう。勿論歳相応、または大往生と言うのもあるでしょう。

こればっかりは天命ですから我々がどうこうする事は出来ないでしょう。死ぬ時は死ぬ。そう言う事です。

人間の価値と言うのは生きた長さではなく、その時までに何が出来るか、また何をしたのか。それが大事なんだと思います。

近状04 Car Etc

ここ2-3日、車の事でバタバタしていた。

随分前に貼り付けた車の後ろの窓ガラスのフィルムに空気が入り見辛くなってきた。幸いこれは Life Time Warranty だったので張り付けた所に持って行ってやり直してもらった。勿論無料だ。

水曜日の夕方に車を置いて翌日の木曜日の夕方に引き取りに行った。ただフィルムが完全に乾くまで2週間ほどかかるとか。出来るだけ日の当たる所に車を出しておいて欲しいと言われたが、最近は雨になる日が多いので困る。

その同じ木曜日に車をディーラーのメンテに持って行ってブレーキを調べてもらった。この車は2011年型なのでかれこれ8年になる。ブレーキパッドだって大分磨り減ってるだろう。それにブレーキディスクローターも調べてもらった方がいいだろう。

ディーラーに持って行ってよかった。リコールで修正しないといけないコンピューターのソフトが2個あったらしい。それも修正しておくと言っていた。

少し入用になるかも知れないが安全第一と言う事で必要な事はやっておくに限る。金曜には出来上がるはずなので取りに行く。しかしこの取りに行くと言うのがまた大変なのだ。

窓のフィルム時もそうだが一人では行けない。二人で行って乗り分けて帰って来なければならない。今回もそうだ。

この辺りは何処に行くにも車がいる。歩いて行ったり公共の交通機関がないのだから。タクシーすら呼び出して予約を入れないとどうしようもないと言う所だ。

ともかくそう言う事で金曜日には全てが終わる予定になっている。これでしばらくは安心出来るだろう。

近状03 Physical Therapy

二日前、最近通いだした Physical Therapy に断りの電話を入れた。

セラピーと言うのは本来患者の体調を整えて改善する為のものなのだが、何故か私には効果がなく、そればかりか逆効果にすらなったのでこれ以上続けても無意味だと思ったので止めた。

本来これは私が受けた交通事故の後遺症を改善する為のものだったのだが、何故かセラピーに行った後には頭痛になる。これは以前に通ったカイロプラクティックでも一緒だった。あちらもやってもらった後で頭痛になったのでやはり止めた。


施術 を受けたら皆誰も良くなるものばかりではないようだ。ただ誤解のないように言っておくと、彼らは彼らなりに正しい施術をやっているのだと思う。ただ残念ながら私にはその効果がなかった、もしくは合わなかったと言う事だろう。だからむしろ私のケースの方が特殊なんだろう。

でも特殊であれ何であれ効果のないものを続けるのは時間と金の無駄なので止めるのが最良の方法だろう。

ではどうするのかと言う事だが、実は何もしなければ何もない。何もないと言うのは、つまり痛みもなければ手足の痺れや機能障害もないと言う事だ。だから正直な話、カイロもセラピーも必要がないと言う事なのだ。ただ医師の指示でそう言うのを受けたのだが無駄だった。

結果として何もしないのが一番と言う事になった。ただ問題はこれで私の事故の後遺症が治るかと言ったらそれはないと言う事だ。飛び出したディスクが自然に元に戻る事はない。そしてそれはカイロでもセラピーでも治せないと言う事なのだ。

だからと言ってそう悲愴になる事もない。何もしなくても日常生活には何の支障もないのだから。ただ一つもし何かあったら、つまり同じ所にまた大きなショックを受けたら今度はどうなるかわからない(つまり植物人間化もあり得る)と言う爆弾を抱えてると言う事だ。

しかし逆に言うとそう言う事がなければこのまま天命を全うする事もまた可能と言う事になる。そう言う疾患を抱えたままで生きてる人も多くいるだろう。そして天命を全うする人もまた多い。

身体に支障があるからと言ってそれで人生が終わる訳ではない。勿論目に見えた疾患や現在進行形の支障であればそれなりの治療や手術も必要になるだろうが、症状に寄ってはそれを持ったままで生きる事もまた可能だと言う事だ。

そのまま生きるかそれとも手術をして憂いを取り除くか。それは私の選択次第だろう。さてどうするか。

近状02 Sport Car

今でも思うがやはりスポーツカーはいい。何処がと言われても困るがやはり好きなものは好きだとしか言い様がない。

だからと言って高級なスポーツカーを乗り回している訳でも乗り回していた訳でもない。ただただ身の丈にあった車に乗っていただけだが、やはり普通の車とスポーツカーとでは車のコンセプトが違う。

スポツカーは走る為の車として作られている。走る、曲がる、止まる。これらがちゃんとコントロール出来る様に組み立てられた車だ。何も気取って高級なスポーツカーに乗る必要はない。勿論それだけの余裕があればそれも良いだろうがそう言う車は得てして見せるだけの車になってしまいがちだ。

本当に車を走らせる事を楽しむ車ではないかもしれない。むしろ高級過ぎてそう言う乗り方が出来ないと言うのが本音かもしれない。車が傷つけば大変だと。

そりゃ走らせていればペイントだって剥がれるだろうし、多少の傷もつくだろう。ましてレースになんて出ようものならそれは当たり前だろう。

何もプロのレーサーになる必要はないが同じスポーツカーに乗るならやはり走る、または走らせる事を楽しめるような乗り方をしたいものだと思う。ただし人に迷惑を掛けるような走り方ではなく、自分で納得の行く車本来の走り方をしたいものだと思う。

近状01 Web Site

やっとこのサイトも形が整って来たように思う。

特にこうしようと決めたわけではない。ただ思いつくままに作っていてこうなった。

出来上がってみるとそれなりにまとまっていて良いと思う。一応は Word Press と言うアプリを使ってみた。

まぁ、後は内容の問題だがそれはあくまで私の独り言の類だ、気取って書く事もないだろう。ただ思いつくままでいいと思う。

読んでくれる人がいるかどうかは私のあずかり知らぬところで良い。

興味のある暇人でもいたら読んでくれるかもしれないが、まぁ私の書く日記の類だと思えば気にもなくなる。

さて明日はどんな風が吹くか楽しみだ。